三州瓦窯元
シノゲン瓦工業株式会社


 製品紹介

     三州陶器瓦

     防  災  瓦

     緩勾配用瓦

 屋根のQ&A

 マニュアル

     部分図CAD

     瓦寸法CAD

     屋根の割付

 問い合せ

 会社案内

     概要・案内図

     会社沿革
 
会社案内

会社案内 会社概要・案内図 会社沿革


  ■ 会 社 沿 革
昭和 3年   天窓瓦製造販売。
29年 4月 ダルマ窯を石原式えん窯に改築。
36年 1月 三州塩焼赤窯1号を築炉、三州黒瓦の製造を中止する。
37年 12月 先代篠田源治郎死亡する。
38年 4月 合資会社篠源赤瓦工場を設立。
39年 1月 三州塩焼赤瓦窯2号を増設。
43年 1月 トンネル窯の導入により陶器瓦の製造販売を始める。
45年 1月 トンネル窯2号炉の増設。
45年 1月 塩焼窯の廃止。
48年 5月 資本金500万円にてシノゲン瓦工業株式会社を創立。合資会社篠源赤瓦工場の製造販売を受け継ぐ。
49年 12月 厚生福祉会館完成。従業員の会合、シャワー室、茶道教室等稽古場、及び保育所に当てる。
50年 3月 成型所三階建て自然乾燥所を作り、1号炉桟瓦専用、2号炉役瓦専用焼成窯とする。
53年 3月 1号炉自動制御窯に改築。
56年 11月 2号炉省エネ用ラビットキルン・4行1段に改築及び役物の自動成型(万十軒・雪止桟・大小袖)。
59年 11月 厚のしの自動成型。
61年 4月 1号炉省エネ用キルン5行1段に改築及び自動積み下ろしにする。JIS取得準備にかかる。
61年 7月 桟瓦成型及び平乾燥完全自動化に着工8月完成。
61年 11月 コンピュータ導入。
62年 9月 シノゲン事務所新築移動。
62年 12月 16日、名古屋通産局によるJIS取得審査を受ける。
63年 1月 22日、JIS取得〈日本工業規格表示許可書)。許可番号487040。
平成 3年 8月 高浜市沢渡町3-3-17に土地595平米買い入れ。(道路拡張の為の代替え用地)
3年 8月 従業員福祉用三河湾リゾートリンクスを買い入れ。
5年 1月 MTV-37型プレス1号を購入、多種目成型に使用する。
5年 4月 社宅3棟を壊し、2階建て4家族用と2単身用をつくる。
5年 5月 MTV-37型プレス2号を購入、厚のしと他製品の成型に使用する。
6年 4月 MTV-37型プレス1・2号機に自動試し機をつける。
7年 4月 MVT-37型プレス3号を購入、多種目成型に使用する。平板瓦の需要が多くなる。
8年 2月 資本金1000万円にする。
8年 4月 移転につき用地買収の話し始まる。
8年 5月 平板棟瓦成型の為MVT-37型プレス、万十用ハンガーラインを改造する。
8年 12月 移転決定。
9年 1月 20日に調印。
9年 8月 工場地鎮祭。
9年 10月 工場建方始まる。
10年 1月 JIS再取得の準備にかかる。
10年 3月 11日、トンネル窯1号炉・2号炉の火入れ式。
10年 3月 31日、31年間の瓦生産に終わりを告げ沢渡町工場解体する。
10年 4月 豊田町工場竣工。
10年 4月 30日、沢渡町事務所並びに品質管理室、第2倉庫の一部解体。
10年 7月 7日、通産局によるJIS工場の検査を受ける。
10年 7月 10日、JIS取得する。認定番号487040。
10年 12月 3階建て成型所を解体する。
11年 3月 旧旧事務所を解体する。
12年 3月 ハイドロプレス(雪止瓦・万十軒用)導入。
13年 6月 桟瓦連続式乾燥炉保温改良工事。